My Oracle Support Banner

ibping、ping、および rds-ping を使用した Infiniband ファブリック上の通信問題のトラブルシューティング (Doc ID 2421716.1)

Last updated on JULY 08, 2020

適用範囲:

Sun Infiniband HCA - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

本文書では、Infiniband ファブリック上のノード間の通信問題のトラブルシューティングについて説明します。

Infiniband ファブリックの異なるレイヤーで通信が失敗する可能性がある場所を絞り込むために使用できる 3 つのコマンドがあります。
物理層、IB層、IP層、または RDS層で行うことができます。

これらの 3 つの層を簡単に診断するために使用できる 3 つのコマンドは、ibping、ping、および rdsping です。

これら 3 つの ping のいずれか 1 つが成功した場合、物理層は機能しています。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
トラブルシューティングの手順
 トラブルシューティングの手順
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.