My Oracle Support Banner

Infiniband スイッチの交換 - フォローアップ・アクション (Doc ID 2626073.1)

Last updated on AUGUST 19, 2020

適用範囲:

Exadata Database Machine V2 - バージョン All Versions 以降
Sun Datacenter InfiniBand Switch 36 - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
Sun Network QDR InfiniBand Gateway Switch - バージョン All Versions から All Versions [リリース All Releases]
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

目的

Infiniband (IB)スイッチの交換後に実施する必要があるフォローアップの再設定の手順の提供。

物理的な交換手順が完了した後に、詳細な交換方法のドキュメントとして、このドキュメントがすぐに使用されることが意図されています。  さらにこの段階で計画を準備するために、準備方法のドキュメントにも前もって従う必要があります。  これを参照してください:  Infiniband Switch Replacement – Overview and guide to key articles (Doc ID 2125242.1)

 

注意: Exalogicシステム内の IB スイッチ用には、このドキュメントの替わりに Doc ID 2218689.1 を使用してください。

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
 前書き
 A.スイッチがなければならない状態
 B. exalogicシステムについては、ドキュメントID 2218689.1を参照してください
 C. ILOMバックアップを使用した復元、または有効なバックアップが利用できない場合の復元
 D.有効なバックアップが存在しない場合の追加アクション
 e )。IBリーフスイッチのいずれかから次のデータを収集します。
 f.このIBファブリックにIB - Connectivityスイッチ(Exalogicなど)がある場合は、すべてのIB - atewayスイッチから次のデータを収集します。
 g )。このスイッチのILOMスナップショットを収集します
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.