My Oracle Support Banner

nsSchemaCSN が複数の値を持つ (Doc ID 1645637.1)

Last updated on MAY 17, 2018

適用範囲:

Oracle Directory Server Enterprise Edition - バージョン 5.2 SP6 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 22-Jan-2014***

現象

nsSchemaCSN が複数の値を持つ場合、下記エラーがエラーログに出力されます。

[08/Mar/2011:23:24:46 -0500] - ERROR<5895> - Schema - conn=-1 op=-1 msgId=-1 - User error: Entry "cn=schema", single-valued attribute "nsSchemaCSN" has multiple values

このエラーが発生した場合、スキーマの変更はレプリケートされません。データ(エントリ)のレプリケーションには影響しません。

変更点

この問題はいくつかの方法により引き起こされます。もっとも単純な方法は、

  1. スキーマを ldapmodify で変更します。これにより、属性 nsSchemaCSN が 99user.ldif に作成されます。

  2. 99user.ldif を .ldifの拡張子を持つ別の名前(例えば 99user_backup.ldif )にコピーします。

これにより、<instabce>/config/schema ディレクトリの2つのLDIFファイルが nsSchemaCSN を保持します。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.