My Oracle Support Banner

WebLogic Server サポート パターン バイナリ コア ファイルの分析 の調査 (Doc ID 1985053.1)

Last updated on OCTOBER 22, 2018

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 6.1 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。
***Checked for relevance on 3-Nov-2014***

目的

問題の説明

無効なネイティブ コア (マシン固有のコード) が原因で WebLogic Server プロセスが終了した場合、アプリケーションでバイナリ コア ファイルが作成されます。これには、サーバのクラッシュ、JVM のクラッシュ、マシンのクラッシュ、または HotSpot のエラーも関連している可能性があります。このパターンでは、各種プラット フォームのコア ファイルから情報を収集するために必要な手順について説明します。

問題のトラブルシューティング

注: 次に示す項目は、必ずしもすべて実行する必要はありません。問題によっては、いくつかの項目を実行するだけで解決するものもあります。

トラブルシューティングの手順

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
 問題の説明
 問題のトラブルシューティング
トラブルシューティングの手順
 問題の原因
 コア ファイルからの情報の取得: Solaris
 コア ファイルからの情報の取得: Linux
 コア ファイルからの情報の取得: HP-UX
 コア ファイルからの情報の取得: AIX
 コア ファイルからの情報の取得: Windows
 デバッガがない場合
 コア ファイルを生成するために確認するオペレーティング システムの値
 JIT コンパイラに起因するコア ファイル
 スレッド ダンプ取得のための JVM の停止
 オンラインのデバッガ マニュアル
 さらにサポートが必要な場合
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.