My Oracle Support Banner

UNIX環境のOracle HTTP Server12c における MPM (Worker、Prefork) の変更方法について (Doc ID 1991506.1)

Last updated on JULY 08, 2019

適用範囲:

Oracle HTTP Server - バージョン 12.1.2.0.0 から 12.2.1.3.0 [リリース 12c]
Oracle Solaris on SPARC (64-bit)
Linux x86-64
Oracle Solaris on x86-64 (64-bit)
HP-UX Itanium
IBM AIX on POWER Systems (64-bit)

目的

Oracle HTTP Server (OHS) 12c は、Apache HTTP Server 2.2 (12.1.x) および 2.4 (12.2.x) に基づいて作成されたWebサーバであり、Oracleで特別に開発されたモジュールを含みます。
そして、(Linux, Solaris, 等の)UNIXプラットフォーム上のOracle HTTP Server 12c では、次の異なるマルチプロセッシングモジュール (MPMs) をサポート、付属しています。

 - Worker
 - Prefork
 - Event

本バージョンでは、Unix のデフォルトのMPMは "worker" となっています。Linux ユーザに関しては 12.2.x より "event" がデフォルトです。
この文書では、Oracle HTTP Server 12c における "prefork" MPM から "worker" MPMへの変更、また、その逆の変更の方法について説明します。

本文書は、 Oracle HTTP Server 12c にのみ該当する内容となっています。
Oracle HTTP Server 11g もしくは、 OracleAS 10g コンパニオンCDに付属している Apache2.0ベースの Oracle HTTP Server 10gを使用されている場合は、
Document ID:299125.1 を参照して下さい。

 Doc ID 299125.1 Linux Platforms Only: How To Configure Worker MPM In Oracle HTTP Server (Apache 2.0)?

 

解決策

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
目的
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.