My Oracle Support Banner

B2B 11g - 負荷テスト時の JMS 接続のリーク (Doc ID 2014595.1)

Last updated on JULY 19, 2018

適用範囲:

Oracle SOA Suite - バージョン 11.1.1.7.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

B2B の負荷テスト時に、B2B でインバウンドメッセージの処理ごとに新しい JMS 接続が作成されていました。これは大量のメッセージによりメモリリーク問題を導きます。

変更点

B2B サーバプロパティ b2b.useJMSDataSourceCache が true に設定される際に JMS セッションをキャッシュする機能があります。これは性能改善を結果として生じます。このプロパティが false(デフォルト値)に設定される際に新しい JMS 接続が開始されます。
結果、フラグ:reset_jms(デフォルト値は false)がキャッシュ修正のため導入されました。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.