My Oracle Support Banner

新しいJDKバージョンを使用する場合Infrastructureインストーラに警告が表示される (Doc ID 2271977.1)

Last updated on OCTOBER 19, 2018

適用範囲:

Oracle Fusion Middleware - バージョン 12.2.1.1.0 以降
Linux x86-64

現象

Linux7 64-bit で JDK 1.8.0_102 を使用して Fusion Middleware Infrastructure 12.2.1.1.0 のインストールを
実施したところ、Infrastructure インストーラは「前提条件のチェック」で下記の警告が表示されます。

--------------------------------------------------
問題:このJDKバージョンは、一般に使用可能になった時点では動作保証されていませんでした。一般に使用可能になった後に動作保証された可能性があります。

推奨: 詳細は、サポートされているシステム構成ガイド(http://www.oracle.com/technetwork/middleware/ias/downloads/fusion-certification-100350.html)を確認してください。続行するには「次」を押します。

予期した結果:1.8.0_77
実際の結果:1.8.0_102
 --------------------------------------------------

 ただし、Oracle Fusion Middleware 12c (12.2.1.1.0) Certification Matrix より、JDK 1.8.0_102 がサーティファイされております。

 http://www.oracle.com/technetwork/middleware/ias/downloads/fusion-certification-100350.html
 System Requirements and Supported Platforms for Oracle Fusion Middleware 12c(12.2.1.1.0) ( xls)

 本問題は JDK 1.8.0_<2桁> (例、1.8.0_91)で発生しません。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.