My Oracle Support Banner

Forms11gR2: 11.1.2.2用Jarファイル証明書の有効期限を2020年2月1日まで延長するためのパッチリリース (Doc ID 2354650.1)

Last updated on MARCH 05, 2019

適用範囲:

Oracle Forms - バージョン 11.1.2.2.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

11.1.2.2のターミナル・パッチ(<patch 25645534>)のOracle Jarファイルの証明書有効期限は、2018年2月1日です。

これらのjarファイルはJavaタイムスタンプ機能で署名されているため、11.1.2.2(<patch 25645534>)およびJRE 8u151 +を使用しているお客様は問題ありません。つまり、有効期限が切れる前にjarが署名されているため、証明書の有効期限が切れた後でも、証明書の有効期限に関連するセキュリティ警告は発生しません。Jarファイルは期限切れではなく、署名に使用された証明書だけであることに注意することが重要です。

ただし、JREのタイムスタンプ機能の認証に関する最近の問題(注 <Note 2328290.1>)により、一部のJREバージョンではタイムスタンプの認証が中止され、署名証明書が失効しアプリケーションがブロックされました。

この問題はJREバージョン8u151以上ですぐに解決されました。

タイムスタンプ認証の問題がないバージョンにJREをアップグレードできなかったお客様のために、オラクル社は、Oracleが提供するjarファイルの有効期限を2020年2月1日に延長する<patch 27419810>をリリースしました。

変更点

 

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策
参照情報

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.