My Oracle Support Banner

WebLogic 12.2.1 以降での NodeManager ヒープサイズの変更 (Doc ID 2641973.1)

Last updated on MARCH 02, 2020

適用範囲:

Oracle WebLogic Server - バージョン 12.2.1.0.0 以降
この文書の内容はすべてのプラットフォームに適用されます。

現象

WebLogic 12.2.1 以降では、startNodemanager.sh でノードマネージャプロセスのヒープサイズを拡張しようとすると、機能しません。 例えば、startNodeManager.sh で MEM_ARGS = "-Xms512m -Xmx512m" に拡張しましたが、この値は有効になりません。

エラーメッセージはありませんが、startNodeManager.sh で MEM_ARGS = "-Xms512m -Xmx512m" を指定した場合でも、ノードマネージャは常に -Xms32m -Xmx200m の MEM_ARGS を利用します。



変更点

WLS 12.2.1 以降、実装が少し変更され、スクリプト commEnv.sh は以下の 2つの内部スクリプトを呼び出します。

・ $MW_HOME/oracle_common/common/bin/commBaseEnv.sh

・ $MW_HOME/oracle_common/common/bin/commExtEnv.sh

実際のメモリーパラメータは commBaseEnv.sh(Unix)/ commBaseEnv.cmd(Windows)にあります。

原因

To view full details, sign in with your My Oracle Support account.

Don't have a My Oracle Support account? Click to get started!


本書の内容
現象
変更点
原因
解決策

My Oracle Support provides customers with access to over a million knowledge articles and a vibrant support community of peers and Oracle experts.